June 27, 2009

一億円に届くのか?

何年で金融資産が一億円に届くのか?

新入社員の場合
給料から毎月天引き7.7万円分を預金
ボーナスは全額貯金(年100万 )
利率が良い海外の預金(金利を8%と想定)
すると1億円ためるには20年8ヶ月かかります。

もし結婚して、共働きでこの貯蓄方法を行えば…
期間は半分、10年間頑張ればに1億円です。

住居費を押さえるために社宅や都営住宅、親と同居などすれば…
もっと早く達成できるかもしれません。
贅沢をやめて、シンプルな生活を続ければ誰でも1億円を手に入れる事ができる方法です。

また別の方法として、サラリーマンとして働きながら、不動産投資をしていく方法もあります。
親から相続したといえば、公務員、大企業でも副業にはなりません。
自分の投資家レベルを上げていけば、フルローンで物件を手に入れることも出来ます。

マンション、ビルを購入する場合
実質利回り10%の2億円の物件を購入できれば、5年で1億円を返済できます。
利回り次第ではここで2億で売却して、1億円を次の物件の頭金にします。
また、売却しないで残金1億円を5年で返済すれば、2億円の物件が債務なしです。
実際は減価償却などもあるので、ちょっと金額が変わりますが。

このような冒険が出来ない年齢ならば、値下がりしない、需要がある地域の安い物件を複数購入していく方法もあります(分散投資)。
車を3年ごとに新車に乗り換えることをやめて、長い期間を乗り続け、浮いたお金(我慢したお金)を投資に回す。
探せば100万円代から物件はあります。

中古物件を購入していく場合
0年目、250万円利回り20%購入
3年目、250+150(250万×20%×3年)=350万円利回り20%購入
6年目、250+150+210(350万×20%×3年)=610万円利回り20%購入
9年目、250+150+210+366(610万×20%×3年)=976万円利回り20%購入
10年目、不動産収入437万円
実際は減価償却などもあるので、もう少し多い金額になります。
これで4件の物件を所有する不動産投資家です。
1億円を年利5%で運用した場合、500万円/年と近い金額を得ることができます。

1億を手に入れて、その先をどうするのか?
目標を持ち、そこに向かって努力していくことが大切です。


baneyasu at 09:41│Comments(0)TrackBack(0) 金儲け | 不動産

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

画像1BIG tomorrow 2014年5月号
画像1BIG tomorrow 2013年6月号
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミニ四駆へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ





にほんブログ村 住まいブログ 大家さんへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村 テニスブログ ジュニアテニスへ

月別アーカイブ